Into the Sky...

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フィンランドに学ぶ教育と学力」シンポジウム

<<   作成日時 : 2006/01/30 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

久しぶりの記事ですね。

なかなか書いている時間がないので、不定期なのが悔しいんですよね。
またしばらく書けなくなりそうなので、ここで書いておきます。

昨日、一昨日は忙しかったです。

土曜は、とある私立学校の教員採用試験を受けてきました。
ちょっと遠いところだったので朝早くから出かけ、結構大変でした。

そして今回のメインが、たまには教育に関する内容ということで、
フィンランドに学ぶ教育と学力」というシンポジウムの話です。

昨日行ってきたのがこのシンポジウムなんですけど、
会場は立ち見の人が出そうになったくらい、大盛況でした。
学生のような若者もいれば、白髪のかかったおじさんもいました。

昨年行われたPISAという国際学力テストの結果、日本は順位を落とし、
フィンランドが総合的に見ると1位になったことから、
フィンランドの教育に対する関心が高まっているのでしょう。

シンポジストの方々のお話は様々な角度からフィンランドの教育について
調査・研究していらっしゃって、とてもためになりました。

学力に関する論争は、まだまだなくなりそうにないですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、マッキーさん。
フィンランドの教育、最近とても話題になっていますね。
いくつかシンポなども開かれているのは知っていたのですが、なかなか時間が合わなくて、そのままになっていました。
日本にフィンランドのような教育は持ち込められるのでしょうか?
難しいとは思いつつも、アメリカ的な教育で今後も行くのはちょっと不安な気もします。
なぐぉん
2006/01/31 13:02
なぐぉんさん、コメントありがとうございます。

この問題は私の卒論のテーマとも関連しているので
ちょっと熱く語らせて下さい^^:
ご指摘のとおり、現在の日本の教育は
完全にアメリカの方を向いていて、
競争原理はますます強まると思います。
フィンランドの教育はこれとは対極的なものと
いってもいいくらいだと思います。
かといって、フィンランドのやり方が
日本の教育にそのまま導入できるとは思えない、
というのが私の正直な意見です。
でも、フィンランドの教育方法を十分に調べて、
参考にすることは必要だと思います。
いずれにせよ、教育はゆっくりと時間をかけないと
成果が出ているのかどうかはわからないものですから、
前を見据える必要があるでしょう。

長文駄文お許しくださいm(--)m
マッキー
2006/01/31 16:27
マッキーさん、長いコメント感謝です。
僕も同感なんです。
フィンランドがいい、フィンランドがいい、って言われていて、それもわかるけど、じゃあ、それを日本に導入するにはどうするの?
人の話を聞くにつけ、その辺の説明がもっと欲しいなと思っていたところでした。
なぐぉん
2006/01/31 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フィンランドに学ぶ教育と学力」シンポジウム Into the Sky.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる