Into the Sky...

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の教育事情。

<<   作成日時 : 2005/12/04 12:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

今回は、私の専門を中心に記事を書いてみます。

実習も終わって、やっと軌道に乗ったのでまじめな話をちょいとしてみたくなりました。

突然ですが、
教育費の国の負担が、来年度から、

1/3になっちゃうんです!

たいした事ないことかもしれないですけど、
これって結構大変なことなんじゃ・・・

某新聞のアンケートでも、
約半数の人に「教育の質が下がってしまうのでは」、という声があります。

教育って難しいですよね。
結果がすぐに出るものじゃないですから。
意外と「後悔」の多い分野かもしれないです、教育って^^;

以上、最近の教育事情&(勝手に)思ったことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
>結果がすぐに出るものじゃないですから。
>意外と「後悔」の多い分野かもしれないです

激しく同意;

確かにそういう意味でも難しい分野だよねぇ。

様々な要素の「バランス」が重要なわけだけど、
その「バランス」が常に変動を続けているからね。

まぁ、教育に限ったことではないかも知れないけど、
そこに難しさがあるんじゃないかと思ったりします。

うん。
otukiminotami
2005/12/05 11:20
あ!

言い損ねたので、一言だけ付け加えさせてw

そういう分野だけに、
「後悔」ではなく「反省」と捉えることが大切に思います。

延々とその「後悔」なり「反省」なりを続けていくのだから。
マイナスな捉え方をしていては物事は好転してゆかないからね(笑)

でも「言葉が変われば動作も変わる」のだから、
きっとこっちの方が良いことあると思いました(笑)

長文失礼〜☆
otukiminotami
2005/12/05 11:23
お月見さん、いつもどうもです^^

確かにそうですね。表現がマイナスですね、これじゃあ^^;
まあ、紆余曲折ありながらも、
教育は進歩し続けているように思いますよ、正直言って。
私も、この分野を研究している者の端くれとして、
今までの良いものを受け継いでいきたいものです。
マッキー
2005/12/05 13:22
教育について語り合ってるわけね。☆初コメント☆
教育の「質」は間違いなく落ちますよね。幼小中高の先生方が安月給でどれだけ頑張れるかにかかってる???のかも。
教育が机上の空論に陥らず、進歩していくことを祈ります。
友里
2005/12/08 21:36
友里さん、コメントありがとうございました!

大学の友人は、「教育の質は結局教員で決まる」
と言っていましたが、私にはどうしてもそれだけ
ではないように思えるのです。
先生方はとにかく忙しい、というのが私の実習での
感想です。
うまくいくような体制作りを改めて考え直すことが、
今の教育に求められているような気がします。
もちろん私自身も、「理論と実践」の合致した教育を
目指して頑張りたいです。
マッキー
2005/12/08 22:13
そもそも「体制」作りも一番下っ端の「教員」が動かなければ変わりませんよね。踊るなんちゃらじゃないけど、教育も会議室で行われませんでしょ?
友里
2005/12/09 23:39
>友里さんへ

確かに「教育は現場で起こってい」ますね。
教員が動けば、という意見も十分考えられますが、
結局「体制」作りをしているのは現場ではないと、
私は考えています。
最近「学校選択制」が取り入れられつつありますが、
この方法は今後、現場での「体制」作りに一役買うかも
しれないですね。
マッキー
2005/12/11 14:45
体制作りは偉い人たちがするものかもしれませんね。でも、体制を変えようとする動きは下っ端教員がしなければいけないんじゃないかと思います。新鮮な新任が体制を変革させるか、体制に飲まれるか・・・。
学校選択制については、現場の先生方大変みたいですね。学校が塾化しないといいですが・・・
友里
2005/12/11 23:37
<学校の塾化について

私が最も不安に感じていることはそこです。
もちろん私も、学校は塾ではないのだ、
と声を大にして言いたいです。
ただ、学校の塾化は、今後進むと思われます。
しかも、そうなるのは、自然の流れではない、
とも言い切れないのです。
保護者との係わりあいがありますから。
学校は今、需要によって成り立つ場所になって
いるのです。
度重なる不祥事の報道もまた、学校に対する
信用を低下させていると思います。
もし、学校に対する信用がもっとあれば、
何かしらの変化があるのでしょうか。
(ちょっとそこはわかりませんが)

何かまとまっていませんね・・・。
すいませんm(--)m
マッキー
2005/12/12 12:32
塾化は進むでしょうね。学校選択性→学校の進学率競争→塾化???
塾の講師が生徒を殺す時代ですからね(涙)。「先生」神話はとうの昔に崩れているとはいえ、信用・信頼の回復もこれからの「先生」にかかっているでしょうね。
友里
2005/12/13 00:24
<先日のニュースについて
そうですよね。ありました、そのような事件が。
しかも同い年ですね・・・。
塾講師をしている身にとってはつらい事件と言わざるを得ません。

<学校に対する信用について
一度失った信用というものはすぐには
回復できないものですよね。
将来「先生」を目指している者として、
肝に銘じておきます・・・。
マッキー
2005/12/13 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の教育事情。 Into the Sky.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる