Into the Sky...

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の教育事情A

<<   作成日時 : 2005/12/29 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

またニュースを目にしたので、ここで一言述べておきます。

先日、友人からこんな記事の載った新聞を見せてもらいました。

「教員新規採用を1000人削減」


え、ええー!!
なぜそんなに削減しているんだぁー!!


・・・えー、具体的に言うと、公立校での来年度の教員新規採用を全体で1000人減らす、
ということですね。
確かに、理由はわかります。

@今、財政は非常に逼迫している状況。
→削減できるところから削減していこう、という算段です。

A団塊の世代の退職との関係。
→ここで一気に採用する必要はなく、少しずつ増やそう、という考えですね。

B少子化との関連。
→子どもが減れば、当然先生の数も少なくていいですよね。

確かに、そんな噂は以前から聞いていました。

これから教員になろうという私にとっては
ちょっとつらい話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと・・・
そんな話が;

2年の時に講師の先生は
「団塊の世代が退職するから、君らが就職することには採用なんて
ガッポガポよ〜!」

なことを言ってたんですがね。

なんだかねぇ( つ_`)
でも数年の間は色々と揺れがありそうだし、
長い目で様子を見ていった方が良いのかも知れないね^^;

こういう時は「人事を尽くして天命を待つ」だね。うん(´ー`)。
otukiminotami
2005/12/30 00:34
お月見さん、コメントありがとうございます。

教員の採用はなかなか難しいんですかね。
おそらくここで大量に採用してしまうと、
その世代が退職した時にまた大量採用が必要になるのでしょう。
確かに、採用人数に関係なく、努力するしかないんですけど^^;
頑張ります!
マッキー
2005/12/31 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の教育事情A Into the Sky.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる