Into the Sky...

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校の英語教育

<<   作成日時 : 2005/10/21 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

予告どおり、少しまじめな記事を書いてみようと思います。

近いうちに、小学校に英語教育が導入される可能性がありますよね。
(もう決定したのかな?)
以前、ニュースで賛成派と慎重派の先生方のお話を伺いました。
どちらの先生のお話も、うなずけるものでした。

確かに、中学校からの英語教育は、ちょっと遅い、という気もします。
使いこなせるようになるのは、結構厳しいものですよね。
よく「日本語英語」という言葉も耳にしますし。
かといって、近年の国語力の低下のことを考えると、「英語、英語」とも
言っていられないような気もします。

ただ、このまま小学校で英語が導入されれば、当然英語を「コミュニケーション・ツール」として
使えるようになるかもしれません。
公用語が「日本語・英語」となる日がやってくるのでしょうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
英語教育についてちょっと書きたくてコメントさせて頂きます。
小学校での英語教育はまだ本格的ではないですが、すでに実験的に取り入れてる学校もあります。が、他の国の人の話を聞いてると、日本の英語教育の問題は始める時期ではなく内容のような気がします。もっと「話す」授業をしないと英語力はいつまでたっても身に付かないですよね。
つらつらとまとまらずにすみません。語りだすと止まらなくて。汗
佐藤
2005/10/22 01:28
佐藤さん、コメントありがとうございました!
実験的に導入というのは、教育特区のことでしょうか?
群馬県太田市には、完全に英語で授業、という学校もありますね。
話す授業、という点では、
近年かなり話す授業をする学校は増えていると思います。
「国際」という言葉のある学校も増えてますしね。
こちらこそまとまっていなくてすいません^^;
マッキー
2005/10/22 15:39
お返事ありがとうございます!
特区もありますが「総合的な学習の時間」に「異文化交流」として取り入れてる学校も多いみたいです。
自分もボランティアで小学校で外国の先生のアシスタントをしたり、大学の卒論では小学校の英語教育について書いたりしたので、ついつい熱くなってしまいました。笑
日本は英語が話せなくても生活出来てしまう国なので、いまいち必要性というか実用性に欠けるのが難点です・・・。
佐藤
2005/10/23 04:53
>佐藤さんへ
「総合的な学習の時間」については、かなりホットな話題ですね。
現場の先生方は、どのように授業を組み立てるかに悪戦苦闘しているようです…。
そうでしたか。私は今、卒論で苦しんでいるところです^^;
(話題は違うものですが…)
マッキー
2005/10/23 12:33
現場と上との考え方にかなりの相違があるようで、こっちは振り回されてばかりでした(泣)
問題は山積みですね。
ちなみに自分は勢いで卒論2週間くらいで仕上げました(笑)
しかも提出日当日に完成(笑)
でも無事に今年卒業できたので結果オーライです♪
マッキーさんも卒論頑張って下さいね!
卒論が終わればあとは卒業式だけですから!!
佐藤
2005/10/23 12:38
佐藤さん、ありがとうございます!
コメント、早いですね。
5分しか経ってません…^^;
卒論、頑張らせていただきますっ!!
マッキー
2005/10/23 12:44

すいません、暇なもんで。
ではでは、無事に卒論が完成する事を祈りつつ・・・。
そろそろ遅いので寝ます・・・。
佐藤
2005/10/23 12:49
いえいえ、ありがとうございましたw
見ていただけて光栄です(^^)v
よろしければ、また見てくださいね!
それでは、おやすみなさい…m(--)m
マッキー
2005/10/23 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校の英語教育 Into the Sky.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる